[Le Club Français Du Disque] A.ハイネ(cl) E.ジシャーマン(va) ケラーQt. / モーツァルト:弦楽五重奏曲4番K.516, Cl五重奏曲K.581

Mozart, Quatuor KeIIer ‎– Quintette à Cordes En Sol Mineur K.516, Quintette Avec Clarinette K.581

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込      

数量


商品コード: 1235-018

作品名:モーツァルト:弦楽五重奏曲4番K.516 | Cl五重奏曲K.581
演奏者:A.ハイネ(cl)E.ジシャーマン(va)ケラーQt.
プレス国:フランス, France
レーベル:Le Club Français Du Disque
レコード番号:167
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのオリジナル】----水色白/黒浅中溝, 5時にMade in France, フラット重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, Price Code:なし, TAX Code:なし, マトリクス/スタンパー:NCA-334/NCA-335 L(手書き文字スタンパー・Le Club Français Du Disqueタイプ), Le Club Français Du Disque録音・モノラル製造を示すNCA***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 1950年代のスタンパーによる1957年頃製造分, フラット盤の初期分, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, ステレオ存在せず, RIAAカーヴであるか不明, Le Club Français Du Disque音源のLe Club Français Du Disque制作プレス不明, 工場:不明, オリジナル, original
ジャケット:【フランスでのオリジナル廉価タイプ】--共通デザイン裏穴紙ペラ, 専用タイプのリブレットのコピー付き(通常共通デザインジャケットにリブレットは付かない), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷記録で最古の裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがスタンダード廉価タイプでは当ジャケットである・専用タイプジャケットも存在する), 製作:Le Club Français Du Livre, 印刷:不明・フランス製, 専用タイプ(リブレット付き)存在するが同時期にスタンダード廉価タイプとして共通デザインもあった, オリジナル廉価タイプ, original type
トピックス:1957年頃パリでのモノラル録音, 録音詳細不明, 1957年頃Le Club Français Du Livreによりコピーライト登録・同年Le Club Français Du Disque:167(当装丁・専用ジャッケット入り)にて初リリース, フランスにステレオは存在しない, 米国ではステレオ存在するが疑似ステレオの可能性が高い, ドイツの演奏家たちだがフランス的に仕上がっている, 入荷は多くない, MUSIDISC:30RC 580は再版, これまで盤質7の入荷は1度しかない, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:クリュブ・フランセの中でも珍しい、Cl五重奏K.581と弦楽五重奏K.516のカップル。E.ケラー(第1Vn)をリーダーとする団体で、録音は極めて少ない。名前から察するにドイツ人を中心とした団体のようだ。ハイネ(Cl)はフランス人らしい。こじんまりとしたほのぼの感がうれしい演奏。ケラーQt.は抑え目だが恭しく、Clは幾分地味にアンサンブルしていて、トータルでオールドファンが喜ぶスタイル。その控え目さが功を奏して、うるさくないK.516が良い。モノラルのみ。ケラー弦楽四重奏団は1950年代後期にドイツ・ミュンヘンで結成された団体。リーダーで第1Vn:エーリッヒ・ケラー、第2Vn:ハインリッヒ・ツィーヘ、Va:フランツ・シュエースル、Vc:マックス・ブラウン。4人はミュンヘンpo.のメンバーらしい。録音は多くないがLe Club Français Du Disqueの他にドイツDA CAMERAにレーガー:Cl五重奏曲、ブルックナー:弦楽五重奏曲、ヴォルフ:SQがある。またドイツのマイナーレーベルDISTARにシューマン:SQ、フランスの仏Orphéeにヒンデミット/バルトーク6番のSQ集がある。日本では無名だがLe Club Français Du Disqueが迎え入れた事実は大きい。派手さはないが豊かな表情と渋い表情は室内楽ファンには嬉しいスタイルだろう。クラリネット奏者アロイス・ハイネ(1919-2005)について詳しいことは不明。同じくLe Club Français Du Disqueでモーツァルトのクラリネット協奏曲K.622の録音がある。A面の五重奏曲の第2Vaはエーリヒ・ジシャーマンが参加。

ハイネの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)