[Le Club Français Du Disque] K.リステンパルト指揮ザール室内o. T.シュティヒ・ランダル(s) 他/ バッハ:マニフィカトB.243, 教会カンタータ51番B.51

Bach Magnificat D-dur BWV 243 • Kantate BWV 51 Teresa Stich-Randall Karl Ristenpart

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込      



商品コード: 1241-009

作品名:バッハ:マニフィカトB.243 | 教会カンタータ51番B.51「全地よ、神にむかいて歓呼せよ」(三位一体節後第15日曜日用)
演奏者:K.リステンパルト指揮ザール室内o./ザールブリュッケン音楽院cho. T.シュティヒ・ランダル(s)B.M.カゾーニ(ms)P.ボッタッツォ(t) G.リタージ(bs)
プレス国:フランス, France
レーベル:Le Club Français Du Disque
レコード番号:305
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのモノラル・オリジナル】---赤白/黒浅中溝, 5時にMaden in France, フラット重量, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:N2 SA 610/N2 SA 611 A (手書き文字スタンパー・Le Club Français Du Disque中期タイプ), Le Club Français Du Disqueモノラル製造を示すN2 SA***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, M6スタンパーはなくPathéプレスではない, 1960年代スタンパーを用いた1965年頃の製造分, フラット盤の最初期分, これより古いモノラルレーベルは存在せず, 更に古いマトリクス存在せず, ステレオ存在する, RIAAカーヴである, Le Club Français Du Disque音源のLe Club Français Du Disque制作プレス, 工場:不明, モノラル・オリジナル, original for mono
ジャケット:【フランスでのモノラル・オリジナル】---両面紙ペラ, Princeps-5, リブレットは元々存在せず・小冊子Cadences5号のコピー付き, 背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷記録で最古の裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), 製作:Le Club Français Du Livre, 印刷:不明・フランス製, これより古いタイプ存在せず, モノラルのオリジナル, original for mono
トピックス:1965年頃のザールブリュッケンの北西ザールイ(Saarlouis)の近くのフラウラウターン(Fraulautern)でのモノラル/ステレオ録音, マニフィカトはERATO(1964年)の後の2回目録音, 録音詳細不明, 1965年頃Le Club Français Du Livreによりコピーライト登録・同年Le Club Français Du Disque:305でモノラル/ステレオが同一番号・同時発売と思われる, これは1965年頃の初年度リリースのモノラル・オリジナル盤がオリジナルジャケットに入るモノラル盤オリジナル, ステレオは高額になる, 1967年にカール・リステンパルトは亡くなる, 初回録音はERATO:LDE 3333/STE 50233, 内容は第一級, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★

商品詳細:リステンパルトの数少ないカンタータの一つ。ランダルをフィーチャーしたB.51と、マニフィカト。特にマニフィカトは数ある録音の中でも断トツに光る演奏。もしも再発のMUSIDISCで聴いておられる方は要注意だ。MUSIDISCでは本来の音が出ていない。本物はクリュブ・フランセのモノラルにこそある。ずしりと重いフラット重量プレスの音は、密度が高く温かい。そして、何より音楽的である。最も洗練されたマニフィカトの一つ。この頃のランダルも良いが、リステンパルトが最高!!

リステンパルトの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)