[DECCA] T.セラフィン指揮ローマ聖チェチーリア音楽院o.cho. R.テバルディ, G.ダンジェロ(s) C.ベルゴンツィ, P.デパルマ(t) 他/ プッチーニ:ラ・ボエーム(全曲)

Puccini / Renata Tebaldi, Carlo Bergonzi, Ettore Bastianini, Cesare Siepi, Fernando Corena, Tullio Serafin

通常価格:¥ 11,000 税込

¥ 11,000 税込      

数量


商品コード: 1243-063

作品名:プッチーニ:ラ・ボエーム(全曲)
演奏者:T.セラフィン指揮ローマ聖チェチーリア音楽院o./cho. R.テバルディ, G.ダンジェロ(s)C.ベルゴンツィ, P.デパルマ(t)E.バスティアニーニ, L.チェザーリ(br)F.コレナ, G.オネスティ(bs)B.ソーマ合唱指揮
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:DECCA
レコード番号:SXL 2170-1
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, 箱入り2枚組, 2 single records
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:第2面1時に極小2回出る点, 第3面4時に小2回出る面スレあり→7
レーベルタイプ:【英国でのステレオ第2版(厳密には第3版)】---大デッカ中溝ED2, Made in England by~, グルーヴガード厚, Rights Society:BIEM, (P)なし, TAX Code:J/T(1968年11月~1973年4月を示す)/K/T(1963年7月~1968年11月を示す), スタンパー/マトリクス:ZAL-4551-9W/ZAL-4552-4W/ZAL-4553-7W/ZAL-4554-5W (ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), DECCA録音・ステレオ製造を示すZAL***で始まりレコード番号を含まない専用マトリクス使用, マトリクスのWはHarry Fisher (ハリー・フィッシャー)のカッティング担当を指す, 補助マトリクス(3時):UM/C/GG/BA, 再補助マトリクス(9時):41/1/1/31, 1960年代スタンパーによる1968年頃製造分, 1959年マスタリングのED1が存在する, これより古いステレオレーベル存在する, 最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, これより古い3時存在する, カッティング担当の前任者:DのStanley Goodall(スタンリー・グッドール)他, モノラル存在する, RIAAカーヴである, 英DECCA音源の英DECCA製作プレス, 工場:Decca Record Co. Ltd., Pressing Plant, UK., オートマチック・カップリング, ステレオ・第2版(厳密には第3版), 2nd issue for stereo
ジャケット:【英国でのステレオ第3版】---外周黒クロス紙表コート箱, 32ページのリブレット付き, 箱番号:SXL 2170/1, 背文字:あり(金色型押・黒クロス紙背景), ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在する番号:不明(年号記載ないが当箱ではない・旧タイプあり), (P)(C)なし, 製作:The Decca Record Company Limited. London, 印刷:MacNeill Press.London, ビニールポケットアルバム( white plastic wallet sleeve)が存在する(1959年製造分)→外周灰クロス紙表コート箱(1960年代初期)→外周黒クロス紙表コート箱(1960年代中期~後期)・当箱, ステレオ第3版, 3rd issue for stereo
トピックス:1959年8月1-9日イタリア・ローマ・Rome, Accademia Di Santa Cecilia・studioでのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 編集/マスタリング:Jack Law /James Brown /Stanley Goodallの3人共同と思われる→Harry Fisher, 1959年The Decca Record Company Limited. Londonによりコピーライト登録・同年モノラル:LXT 5542-5543で初リリース, 同年11月当番号ED1・ビニールポケットジャケット( white plastic wallet sleeve)入りでステレオが初リリース, DECCAが誇る録音チームを機材と共に現地派遣して最高の音質で最高の演奏を録音したシリーズの最初のステレオ録音!総合的にこれに勝る録音はない, 1959年に初年度分がリリースされたがこれは1968年頃製造のED2レーベルが1966年頃製造の箱に入るケースで初期盤・厳密には第3版くらいになる, 音質差は大きくないと思われる, ED1・ビニールポケットジャケットはかなり高額になる, 演奏:★★★★★+, 音質:★★★★★+

商品詳細:イタリアオペラもオーディオファイルで聴くと、やはり一味違う。SXL2000番台、ビニールポケットジャケットが初回分。「ラ・ボエーム」の名演は他にもあるが、音質、内容を総合するとこの録音がトップレベルだろう。歌手の好き嫌いの前に、オーケストラがまず凄い。イタリアのオケという気がしないほど歯切れが良くシャープ。1959年DECCAが録音チームをローマに派遣し、本場イタリアの演奏を最高の英国技術で録音した傑作! セラフィンの名声を高めた出世作!歌手も皆上手い!ED1・ビニールポケットジャケットはかなり高額になる。

セラフィンの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)