[MELODIYA] P.セレブリャコフ(pf) / ラフマニノフ:絵画的練習曲集「音の絵」Op.39~第3曲 嬰ヘ短調Op.39-3 , ~第6曲 イ短調「赤頭巾ちゃんと狼」Op.39-6

[ 1288-005 ] Rachmaninov - Pavel Serebryakov – Etudes-Tableaux, Op. 39~Op.39-3 Op.39-6

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込      

数量


商品コード: 1288-005

作品名:ラフマニノフ:絵画的練習曲集「音の絵」Op.39~第3曲 嬰ヘ短調Op.39-3 | ~第6曲 イ短調「赤頭巾ちゃんと狼」Op.39-6
演奏者:P.セレブリャコフ(pf)
プレス国:旧ソ連, Soviet Union
レーベル:MELODIYA
レコード番号:Д 00925
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:8インチ, 20cm×1 (78rpm) LP針でトレース可能(SP針不可)
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連でのオリジナル世代】---赤/金(前期プレ・メロディア), 78Долгоиграющая, OБOPOTA B MИHУTУ, フラット盤(MELODIYAに垂直に切れたフラットはない), ГОСТ 5289-なし, TУ-1 kл, Repertoire group:なし., Price Code:なし, Год выпуска(発行年):なし, スタンパー/マトリクス:Д 00925 4-1/Д 00926 4-3 (手書き文字スタンパー・MELODIYA旧タイプ), 露語表記・国内仕様, 1950年代製造のスタンパーによる1952年頃の製造分, 前期プレ・メロディアレーベルの最初期分, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作, オリジナル世代, orogonal generation
ジャケット:【旧ソ連でのオリジナル世代】---上開カラーペーパー両穴(モスクワ・アプレレフカ・CCCP), 表記されたジャケット番号:なし, Price Code:なし, 背文字:なし, (C)なし, 露語表記・国内仕様, ジャケット裏年号:Apt..なし Зак.なし, 製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок, オリジナル世代, original generation
トピックス:1952年又はそれ以前の旧ソ連でのモノラル録音, 録音詳細不明, この2曲が全18曲の中で最初に録音された2曲と思われる, その後1959年ころまでに残り16曲が録音され、1959年D 5628-31の10"×2枚でOp.33+Op.39の全18曲が揃う, これは全集化される以前に発売された単独発売分で当社初入荷の希少番号, 8インチ(20cm)盤78回転なので注意, SPではないのでLP用の針でトレース可能, SP針は使用不可, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★,

商品詳細:パーヴェル・セレブリャコフ(1906-1977)は、ユーディナ、ソフロニツキー、ショスタコーヴィチと同じニコラーエフ門下生。スターリングラード出身。1933年に第1回国民コンクールで準優勝し、演奏旅行を行う。1953年にエフゲニー・ムラヴィンスキー指揮によるチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番の最初の録音が行われた際には、ソリストとして参加した。また、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ミハイル・ヴァイマンと共にロストロポーヴィチ三重奏団の一員であった。日本との関係では、1960年と1963年に来日。政治力の優れたピアニストで、レニングラード音楽院の校長も務め(1961~77年)、1932年にレニングラード音楽院で教職に就き、翌年からは同音楽院の教授に就任、その後1961年から没年まで院長を務めた。20点近い録音を出した。1957年ソ連邦人民芸術家となり、古典派、ロマン派の演奏を得意とし、第二次大戦後は室内楽も演奏。ピアノの音から考えるに、かなり大柄で腕力のある男だろう。とにかくパワーが凄い。音には芯があり、一音一音に力がある。その上に豊かな表現力。強い打鍵でスケールの大きな演奏!爆炎系という言葉が適切ではないが確固たる構築力を持った上で意表を突くような瞬間的なパワーが注入される演奏には正直驚かされる。一度激しい波が繰り返し押し寄せると後は怒涛の勢いで押し流される津波の如き演奏。「熱情」というソナタをおいて本当に「熱情」を実体験させるような演奏はおいそれとない。意外に早めのテンポで推し進めるがきっちり計算された理性でコントロールされていて、決して一過性の単純な爆発ではないことは聴いてみればわかる。これぞロシアンスクール!ラフマニノフ:絵画的練習曲集「音の絵」は2集ありOp.33が9曲、 Op.39が9曲の合計で18曲。セレブリャコフはD 5628-31の10×2枚全曲録音している。これは同一音源の初期録音・発売分と思われる。2曲のみ収録で78回転盤なので注意。SPではなくLPなのでLP用に針で聴ける。落としても割れないビニール素材で通常LPと変らない。プレーヤーに78がついていないと聴けないので注意!音質はSP時代のような雰囲気を持つ。

セレブリャコフの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】







SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)