[DGG] C.アバド指揮ボストンso./ ドビュッシー:3つの夜想曲(「雲」, 「祭」, 「シレーヌ」), ラヴェル:ダフニスとクロエ第2組曲, 亡き王女のためのパヴァーヌ

Debussy / Ravel – Claudio Abbado ‎– Nocturnes (Nuages · Fêtes · Sirènes) / Daphnis Et Chloé II · Pavane

通常価格:¥ 2,750 税込

¥ 2,750 税込      

数量


商品コード: 1192-034

作品名:ドビュッシー:夜想曲(全3曲), ラヴェル:ダフニスとクロエ第2組曲, 亡き王女のためのパヴァーヌ
演奏者:C.アバド指揮ボストンso./ニューイングランド音楽院cho.
プレス国:フランス, France
レーベル:DGG
レコード番号:2530 038
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7 : A面に書き込みあり
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのオリジナル】---青2本線狭内溝, ST33, ブルーライン, 12時にMade in France, グルーヴガード, Rights Society:SDRM, (P)1970(刻印のみ), スタンパー/マトリクス: 00 2561 012 = 4S1/00 2561 012 = 3 S2(ラウンド小文字スタンパー・仏DGGタイプ), DGGステレオ製造を示す00 25***で始まりドイツ初出レコード番号を含む専用マトリクス使用, 2530 ***は1970年4月に導入された, 補助マトリクス(Time Code):41 ℗ 1970 C71 ◇V /1 ℗ 1970 H70 ◇V, 再補助マトリクス:A5 1/2A2 1, 1971年3月/1970年8月製造のスタンパーによる1971年製造分, チューリップレーベル存在せず, これより古い仏レーベル存在せず, 更に古いマトリクス存在する(両面G70あり), モノラル存在せず, RIAAカーヴである, DGG音源の仏DGG製作プレス, 工場:-CIDIS:CIDIS.Phonogram, Antony, フランスでのオリジナル, original in Fr.
ジャケット:【フランスでのオリジナル】---三方見開コート, Collection Prestige、表記されたジャケット番号:2530 038, Price Code:POL.380, 裏クリーム, 背文字:あり(黒色・黄背景), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットである) , 製作:Deutsche Grammophon Fr., 印刷:Imp. Glory. Asnieres, フランスでのオリジナル, original in Fr.
トピックス:1970年2月米国ボストン・シンフォニーホールでのステレオ録音, 録音技師:Günter Hermanns, 録音監督:Rainer Brock, プロデューサー:Karl Faust, 初回録音, ボストンso.とは翌1971年のスクリャービンとこの2枚のみ, ドイツでは1970年2561 012という1枚入りの箱で初リリース, フランスには1枚箱は存在しないと思われる, すぐに通常12"・2530 038で発売(GY8・9が存在), これは1971年フランスでの初年度リリースのオリジナル, 1971年ベネチアのデイスク賞を受賞した, 1970年代の仏DGGははっきり言って独DGGより音質が良い, これは仏DGGはERATO/PHILIPSと同じ工場でプレスされる為であり、一般に1970年代初頭以降は殆ど全てのフランス盤がドイツ盤より音質の点で勝るようになる, ドイツは世界に先駆けて最新機材に入れ替えた為このような現象が起きる, 古い機材は東欧等に売却または破棄された, 演奏:★★★★, 音質:★★★★,

商品詳細:クラウディオ・アバド(1933-2014)は1989年大方の予想を裏切り、カラヤンの後任としてベルリンpo.の音楽監督に就任。1990-2002年、名実共に現代最高の指揮者としての地位を確立した。自動的にDGGに籍が移る。お陰でDGGは第2の繁栄期を切れ目なく享受することになる。アバドはDGGにそれまでなかった大量のイタリア・オペラ全曲の他、多くのラテン系作品を録音し、カラヤン、ベームなどが敵わなかった本場の演奏を提供した。このフランス管弦楽作品もその恩恵の一部だろう。イタリア人であるアバドにとってフランス作品は少なくともドイツ人指揮者とは比較にならない天性の理解がある。クリュイタンスのようにはいかないとしても、1970年代にこれだけの演奏が楽しめれば文句なし。オケはボストンso.、アメリカ人も大満足のフランス作品集となった。

アバドの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)