[PHILIPS] A.グリュミオー(vn) C.ハスキル(pf) / モーツァルト:Vnソナタ32番K.454, Vnソナタ35番K.526

Mozart, Arthur Grumiaux, Clara Haskil

通常価格:¥ 9,900 税込

¥ 9,900 税込      

数量


商品コード: 1242-023b

作品名:モーツァルト:Vnソナタ集-1/Vnソナタ32番K.454 | Vnソナタ35番K.526
演奏者:A.グリュミオー(vn)C.ハスキル(pf)
プレス国:フランス, France
レーベル:PHILIPS
レコード番号:L 00338 L
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:B : 軽度の色落ちあり, 1957年シャルルクロ・アカデミーディスク・グランプリの印刷あり(Grand Prix de disque 1957 Academie Charles Cros)
キズ情報:B面9時に無音小スレあり
レーベルタイプ:【フランスでの第2版】---赤/銀Minigroove外溝, 外周3cmの盛上リ(カマボコ), Made in Franceの刻印, フラット重量, Rights Society:DP, Price Code:Ⓐ, (P)なし, スタンパー/マトリクス:338 1L D1 380/338 2L D1 380 (ラウンド大文字スタンパー・仏PHILIPS最初期タイプ), PHILIPS録音を示すAA が付かないレコード番号の一部を含む最初期タイプ専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 380の刻印は編集/カッティングマスターがC.I.D.I.S. Louviersで行われたことを示す, 1950年代のスタンパーによる1958年頃製造分, 旧番号存在する, 旧番号に赤/銀Minigroove内溝レーベル・フラット盤(カマボコ以前)が存在する, 当番号の赤/銀Minigroove外溝レーベルの初出分, 当番号のフラット盤の最初期分, フランスでこれより古いレーベル存在する, フランスでの最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, ステレオ存在せず, RIAAカーヴではない, カッティング・マスター:C.I.D.I.S. Louviersの技師, PHILIPS音源の仏PHILIPSA制作プレス, 工場:Société Phonographique Philips, フランスでの第2版と思われる, 2nd issue in Fr.
ジャケット:【フランスでの第2版】---三方開両面厚紙背灰布貼, Collection Tresors Classiques, Microsillon Artistique Haute Fidélité, レコードホルダーに蓋付き(PHILIPS型押内袋), 表記されたジャケット番号:L 00.338 L, Price Code:Artistique, 背文字:あり(金色型押・灰色布背景), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古の年号:不明(年号記載ないが当ジャケットではない・旧番号/旧タイプあり), 製作:Société Phonographique Française Polydor S.A., 印刷:F.Richir-Maitre Imprimerie.Paris., このVol.1のみ旧番号あり・ペラジャケット存在する, これはフランスでの第2版, 2nd issue in Fr.
トピックス:K.454/526(Vol.1):1956年1月2-5日バーゼルにてモノラル録音, Vol.1はオランダで1956年Philips Phonografische Industrie N.V. によりコピーライト登録・同年オランダPHILIPS:A 00338 L(アズキ/銀Minigrooveレーベル)で初リリース, フランスでは1956年仏PHILIPS:A 00338 L(赤/銀Minigroove内溝レーベル・フラット盤・ペラジャケット入り)にて初リリース→1958年頃同一番号(赤/銀Minigroove外溝カマボコレーベル・三方開両面厚紙背灰布貼ジャケット入り)・当盤→1961年頃L 00338 L(赤/銀Minigroove内溝カマボコレーベル・三方開両面厚紙背灰布貼ジャケット入り)→1963年頃L 00338 L(赤白Trésors Classiques内溝レーベル・三方開両面厚紙背灰布貼ジャケット入り)→1968年頃802 841 LY(疑似ステレオ)→6500 323(疑似ステレオ)→6780 017(Wジャケット)---と大まかに変遷する, ジャケ下に1957年シャルルクロ・アカデミー・グランプリディスクの印刷ありGrand Prix du Disque 1957 - Académie Charles Cros, この2曲は1956年のモーツァルト・ジュビリーED(ロゴ付き)に参入されたがVol.2(4曲入り)は参入されず, これは初年度分ではないが1958年頃製造の盤が同じ頃製造のジャケット入に入る初期盤で音質は充分に良い, Vol.2のみステレオが存在する, 1950年代盤で盤質7はなかなか無い, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★

商品詳細:グリュミオーとハスキルがPHILIPSに残したモーツァルトは永遠のアイテム。K.454/526の2曲は1956年1月バーゼルでの録音で、PHILIPSの1956年モーツァルト・ジュビリー・エディションに参入された。一方、K.301他全4曲は1958年10月バーゼルでの録音で、こちらはステレオが存在し、モーツァルト・ジュビリー・エディションからは外れた。フランス盤ではバラ2枚は同じ装丁の色違いジャケットで存在感がある。オランダ盤はデザインが異なる。何れも生涯にわたって聴き継いでいける、奇跡の名演!2枚だけだったのが惜しまれる。二人が全曲録音を行っていたなら、以降のモーツァルトVnソナタ録音は減ってしまった可能性が考えられる。6曲しか録音出来なったことは全く残念なことである。もし全曲録音の計画があったとしてもハスキルは1960年に亡くなってしまったので完成させられたか疑問は残るものの、そう考える人は世界中に少なからず居られるだろう。但しグリュミオーは1981~3年にかけてW.クリーン(pf)とLP5枚にVnソナタ全集を録音した。グリュミオーのVnなので素晴らしいことは間違いないのだが、やはりハスキルとの演奏で立ち込めた輝きは二度と再現することはなかった。

グリュミオーの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)