[MELODIYA] M.ロストロポーヴィチ(vc) S.サモスード指揮 G.ストリャロフ指揮/ サン・サーンス:Vc協奏曲1番Op.33, シューマン:Vc協奏曲Op.129

Rostropovich Saint-Saens Cello Concerto Grigory Stolyarov

通常価格:¥ 4,950 税込

¥ 4,950 税込      

数量


商品コード: 1226-020t

作品名:サン・サーンス:Vc協奏曲1番Op.33, シューマン:Vc協奏曲Op.129
演奏者:M.ロストロポーヴィチ(vc)S.サモスード指揮ソビエト国立po.(シューマン)/G.ストリャロフ指揮ソビエト国立po.(サン・サーンス)
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:D 02578/D 03919
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7 : 小紙シール貼りあり
評価/ジャケット:A
キズ情報:B面(シューマン)1時に極小4+小7+極小~小17回出る点あり
レーベルタイプ:【旧ソ連でのカップリング替えの再版世代】---紺/銀DL(ダブルレター), 33 1/3, グルーヴガード厚手重量, ГОСТ 5289-61, TУ-なし, Repertoire group:Вторая гр-2, .Price Code:.1-00, スタンパー/マトリクス:33HД 02578 2-3/33HД 03919 2-1 (ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 露語表記・国内仕様, プレ・メロディアレーベル前期(D 02578)/中期(D 03919)存在する, DLレーベルは再版, 1960年代製造のスタンパーによる1968年頃の製造分, ステレオ存在せず, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作, 再版世代, re issue generation
ジャケット:【旧ソ連でのカップリング替えの再版世代】--折返紙ペラ共通デザイン(モスクワ・アプレレフカ), 表記されたジャケット番号:なし, Price Code:なし, 背文字:なし, 露語表記・国内仕様, ジャケット裏年号:Apt.なし Зак.なし, 製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок, 再版世代, re issue generation
トピックス:サン=サーンス:1953年, シューマン:1957年どちらもモスクワでのモノラル録音, 1955年頃MELODIYA:D 02578-9で初リリース(サン・サーンス:Vc協奏曲1番Op.33+グリーグ:4つのノルウェー舞曲Op.35・プレ・メロディアレーベル前期レーベル), 1957年にシューマンが録音されるとカップリング替えLPとしてD 02578/D 03919(ГОСТ 5289-56のプレ・メロディアレーベル中期レーベル)でリリースされた, これは1968年頃製造のダブルレター再版世代プレスが同じ頃製造の再版共通デザインジャケットに入るケースで初期盤, これより古いプレスは過去に一度MKレーベルの入荷があったのみ, 入荷2度目の大珍品, サン・サーンス:Vc協奏曲1番はサージェント指揮フィルハーモニアo.と1956年3月に2回目モノラル録音がある, シューマンは1960年ロンドンでのDGG録音が2回目となる・また1976年にレナード・バーンスタイン(指揮) フランス国立管弦楽団とも3回目録音がある。当2曲は何れも初回モノラル録音で唯一の旧ソ連時代での録音となる

商品詳細:MELODIYAで時折見かけるA面とB面が離れた番号のLP。MELODIYAは1面につき一つの番号が付与されるのでこのようなLPも多数存在する。カップリング替えLPに使用される。この場合サン・サーンス:Vc協奏曲1番を軸とすれば通常盤であるD 02578/D 02579(当社表記ではD 02578)はサン・サーンス:Vc協奏曲1番Op.33+グリーグ:4つのノルウェー舞曲Op.35である。サン・サーンス:Vc協奏曲1番がすなわちD 02578が与えられた面である。グリーグの方はロストロポーヴィチとは関係なく、N.アノーソフ指揮ソビエト国立so.による管弦楽演奏である。そして当盤のD 02578/03919の場合はA面がサン・サーンス:Vc協奏曲1番でD 3919はシューマン:Vc協奏曲Op.129/サモスード指揮ソビエト国立po.に当てられた番号で連番のカップリングは存在しない。つまりサン・サーンス:Vc協奏曲1番には2種のカップリングが存在するが、シューマン:Vc協奏曲にはD 02578/D 03919という飛び番のカップリングしか存在しない。このシステムは便利なようで西側とは異なるため、面くらうことになる。サン・サーンスには、オリジナル盤とカップリング替えオリジナル盤の2種が存在することになる。シューマンは1種しかない。チェロ好き又はロストロポーヴィチのファンなら当然飛び番のカップリングをチョイスすることになる。但し最初から2種の存在を知っていればの話だが。シューマン:Vc協奏曲は、1960年11月ロンドンでのロジェストヴェンスキー指揮レニングラードpo.との、ムラヴィンスキーのチャイコフスキー交響曲のロンドン公演の前座録音がDGGにあり、ロストロポーヴィチのシューマンといえばDGG録音が浮かぶ方が殆どだろう。こちらが1957年モスクワで初回録音である。また1976年にはレナード・バーンスタイン(指揮) フランス国立管弦楽団とも3回目録音がある。サン=サーンスも1953年モスクワで初回録音である。ロストロポーヴィチは1960年以降DGG他西側レーベルでの録音がメインとなっていったので旧ソ連時代の録音に言及することは少ないが、ソロだけみれば西側録音より渋く、深い音楽を感じ取れる。そもそも入荷が殆どない為、存在そのものが知られていないのだろう。どこか暗く辛そうな表情のロストロポーヴィチにシンパシーを感じる方は少なくないだろう。1974年の亡命後のロストロポーヴィチの演奏は旧ソ連時代とは大きく異なる。音楽家は逆境の方が良いとまでは言えないが、旧ソ連時代の抑圧されていた時期の音楽が亡命後より聴き応えがあるのは確かである。

ロストロポーヴィチの在庫一覧へ


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)