[His Masters Voice] C.フェラス(vn) C.シルヴェストリ指揮フィルハーモニアo. / チャイコフスキー:Vn協奏曲, メンデルスゾーン:Vn協奏曲

Tchaikovsky/ Mendelssohn - Christian Ferras & Philharmonia Orchestra Conducted By Constantin Silvestri

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込      

数量


商品コード: 1241-029

作品名:チャイコフスキー:Vn協奏曲Op.35 | メンデルスゾーン:Vn協奏曲Op.64
演奏者:C.フェラス(vn)C.シルヴェストリ指揮フィルハーモニアo.
プレス国:デンマーク, Denmark
レーベル:His Masters Voice
レコード番号:ALP 1543
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【デンマーク(北欧圏仕様)でのオリジナル】---金大ニッパー段付コート, 9時にUdleje og udlån Forbudt (貸し借り禁止), 3時にMade in Denmark, 6時にSkandinavisk Grammophon Aktieselskab, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:2XEA 1340-A/1N(ラウンド小文字スタンパー・HMVタイプ), EMIグループ英国録音モノラル製造を示す2XEA***で始まりレコード番号を含まないデンマーク型専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 1950年代のスタンパーを使った1960年頃製造分, デンマークでこれより古いレーベル存在せず, デンマークで最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, デンマークにステレオ存在しないと思われる, RIAAカーヴであると思われる, EMIグループ英国音源のデンマークHis Masters Voice製作プレス, 工場:デンマークEMI工場(EMI Music Dronningens Tværgade 7 DK-1302 København K Denmark), デンマーク(北欧圏仕様)でのオリジナル, original in Denmark /scandinavia
ジャケット:【デンマーク(北欧圏仕様)でのオリジナル】---ラウンド折返両面コートペラ"aka scalloped" (ホタテ貝の意味), 背文字:なし(デンマーク製にはない), ジャケ裏年号:なし, (P)なし(C)1958, 製作:Parlophone Music Denmark. Michael Wermuth , 印刷:Gerlach & Raffel(デンマーク), 英国ジャッケットをベースにデンマークで製造した独自ジャッケット, デンマーク(北欧圏仕様)でのオリジナル, original in Denmark /scandinavia
トピックス:1957年6月ロンドン・キングスウェイホールでのモノラル/ステレオ録音, 録音技師:Robert Beckett, プロデューサー:Peter Andry & Victor Olof, 英国では1958年The Gramophone Co. Ltd. Hayes・Middlesex・England, によりコピーライト登録・同年His Master's Voiceからモノラル:ALP 1543/ステレオ:ASD 278(W/Gレーベル段付き)にて初リリース, デンマークでは1960年頃デンマークEMI( Parlophone Music Denmark. Michael Wermuth )によるデンマーク・プレスを英国ジャッケットをベースにデンマークで製造した独自ジャッケットに入れた北欧圏仕様のオリジナル盤, ステレオのデンマーク盤はないと思われる, 英国盤より安価としたが殆ど同じ材料を使いプレスは優秀でノイズも少ない, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★

商品詳細:ステレオは英ASD 278、非常に高価な盤。フェラスのまだ若い頃で、音色はまばゆいばかりのオーラを放つ。ミルシテイン、コーガンらと肩を並べる第一級のVn。この録音は再版が多く、ステレオは世に出回っているほとんどが再版のステレオで、はっきり言って、モノラル・オリジナルの方がどれだけ音が良いかわからない。まして、型だけコピーしたレプリカ・プレス等は問題外。当時の空気までしっかり刻まれたモノラルこそ、聴く価値のある一枚。それでもステレオという方には、CDを!

フェラスの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)