[露MELODIYA] S.クヌシェヴィツキー(vc)/ハチャトゥリャン:Vc協奏曲, ラフマニノフ:Vcソナタ, グラズノフ:スペイン・セレナーデ

Sviatoslav Knushevitsky - A. Khachaturian, S. Rachmaninov, A. Glazunov - Concerto For Cello And Orchestra / Sonata For Cello And Piano / Spanish Serenade Op. 20 No. 1

通常価格:¥ 3,850 税込

¥ 3,850 税込

数量

商品コード: 1029-074n

作品名:ハチャトゥリャン:Vc協奏曲, ラフマニノフ:VcソナタOp.19, グラズノフ:スペイン・セレナーデOp.20-1
演奏者:S.クヌシェヴィツキー(vc)A.ガウク指揮(ハチャトゥリャン), N.アノーソフ指揮(グラズノフ)ソビエトso.L.オボーリン(pf)
プレス国:旧ソ連,Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:M10 42785
M/S:モノラル,mono
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7 A面に書込み
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:青/銀ゴシック, グルーヴガード, NB1, GOST-80, TU-なし, スタンパー/マトリクス2-1/2-1(ラウンド小文字スタンパー), プレ・メロディア/DL/SLレーベル存在せず, 1980年初リリース, 国内仕様, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」工場製作, DLレーベルが存在せず, 1980年初リリース, オリジナル, original
ジャケット:コートペラ(アプレレフカ), WLIシリーズ, 背文字:あり(黒色), 裏文字:あり(タイトル), (C)1980, 輸出仕様, ジャケット裏年号:Apt.91-4 Zak.207-O-26000, 美術/写真:不明, 原画/被写体:Sviatoslav Knushevitsky , デザイン:B.Belov, 製作/印刷:Ленинградский Завод Грампластинок, オリジナル, original
トピックス:1947年/1952年ロシア・アーカイヴス録音, 音響技師:O. Gurova, プロデューサー:I. Orlova, これがLP初出, 1980年に初LP化され初リリース, 古いレーベルは存在しない、S.クヌシェヴィツキーの国内保管音源の初LP化!
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインがあるケースもある

商品詳細: M10---は1980年代MELODIYAが世界に売り出した、SP復刻シリーズ(WLI)。音質が良いとの評判で当時LPは既に末期だったが、ずいぶん高額だった。これは3曲とも1947/52年のロシア録音。但し過去に発売されたことはなく、LP初出となる。SP復刻がメインテーマだが、このような発売にも使われた。スヴャトスラフ・クヌシェヴィツキーは1908年ロシア生まれ。モスクワ音楽院でコゾルポフに師事。オイストラフ・トリオのメンバーとして活躍、録音を残した。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る