[Ducretet Thomson] P.カプドゥフ・エール指揮 R.ヴェイロン・ラクロワ(cemb)/シャルパンティエ:歌劇「ダヴィデとヨナタン」~第5幕の前奏曲, 野外祭壇のためのサンフォニー 他

Charpentier ‎– Supplication Pour Les Defunts a La Vierge-Marie

通常価格:¥ 1,650 税込

¥ 1,650 税込

数量

商品コード: 1039-045b

作品名:シャルパンティエ:歌劇「ダヴィデとヨナタン」~第5幕の前奏曲, 野外祭壇のためのサンフォニー, 処女マリアへの連禱 H. 89, テネブレ「あたりは闇となり」 H. 129
演奏者:P.カプドゥフ・エール指揮パリ新室内o. R.ヴェイロン・ラクロワ(cemb)M.ゴダール・ブドリー(org)
プレス国:フランス,FRANCE
レーベル:Ducretet Thomson
レコード番号:LPG 8683
M/S:モノラル,mono
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7/6
評価/ジャケット:A
レーベルタイプ:石像金輪内溝, フラット, Rights Society:BIEM, (P)なし, スタンパー/マトリクス:LM3/LM3(手書き大文字スタンパー・Ducretet Thomsonタイプ), M6スタンパーなし, パテプレスではない, 1950年代のスタンパーによる1950年代製造分, , Selmer付きフラット盤存在する, ステレオ存在せず, Ducretet Thomson音源のDucretet Thomsonプレス, 第2版, 2nd issue
ジャケット:ツヤ厚紙, 背文字:なし, 裏文字:あり(仏語), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)なし, 写真:不明, 原画/被写体:M.Bouchaudのイラスト, デザイン:M.Bouchaud, ライナーノーツ:Guy Lambert, 製作:Ducretet Thomson, 印刷:Imp. Keller paris, オリジナル・タイプ, original type
トピックス:1950年代初期パリでのモノラル録音, 詳細不明, シャルパンティエ宗教曲の最初期録音, Selmer付きのフラット盤なので1950年代中期までのリリースと思われる, 非常に音質は良い, 演奏:★★★★, 音質:★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与), B面に複数のヘアラインにより散発的にパチ音断続する, 鑑賞は十分可能だが背景に軽度のノイズはある古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインもあるケースがある

商品詳細: 1950年代Ducretet Thomsonは小さいながらフランスのレーベルとしてフレンチバロック作品の録音に力を注いだ。大手レーベルの理論では収益性から手を出さない分野である。シャルパンティエ(1643-1704)などはまさにその代表格といえる。日本でバロックといえばバッハを中心に考えることが定着したが、それは一面しか見ていない。バッハ(1685-1750)が生まれるかなり前の1500年代後期からフランスでは同等の音楽が独自に発展しておりバレエ音楽を中心に発展した。勿論教会音楽も同時に進化を遂げていたのである。その様子を日本に伝えるメディアが全く欠けていたことが一因だろう。Ducretet ThomsonのオリジナルLPが日本で入手出来るようになったのは1990年代も終わろうとしていた時期である。1950年代初期から自国のバロック文化を記録した小さなレーベルに拍手を送りたい。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る