[ELECTROLA] コンソルティウム・クラシクム/モーツァルト:木管楽器のためのセレナーデ11番K.375, 12番K.388

Consortium Classicum Mozart Bläser-Serenaden K.375 K.388

通常価格:¥ 2,750 税込

¥ 2,750 税込      

数量


商品コード: 1057-049

作品名:モーツァルト:木管楽器のためのセレナーデ11番K.375, 木管楽器のためのセレナーデ12番K.388
演奏者:コンソルティウム・クラシクム
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:ELECTROLA
レコード番号:1C 063-30789
M/S:ステレオ, クワドロフォニック, Quadrophonic・stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7 : 両面にシール付き
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:赤EMIニッパー, QUADRO, Quadraphonic・SQ, LC0233, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)1978, スタンパー/マトリクス:1Q/2Q(ラウンド小文字スタンパー・ELECTROLAタイプ), 1970年代スタンパーを用いた1978年頃の製造分, これより古い金EMIニッパーレーベル存在せず, 最厚最古プレス, ELECTROLA音源のELECTROLA制作プレス, オリジナル, original
ジャケット:両面コート, SQ, 背文字:あり(黒色), 裏文字:あり(独/英語), ジャケ裏年号:なし, (P)1978(C)なし, 写真:EMI, 原画/被写体:Consortium Classicum, デザイン:不明, ライナーノーツ:karl Ludig Nicol, 製作:EMI Electrola GmbH, 印刷:4P Nicolaus GmbH.Koln, オリジナル, original
トピックス:1978年又はそれ以前のステレオ録音, 音響技師:Johann Nikolaus Mathes, プロデューサー:Gerd Berg, 木管楽器のためのセレナーデとディヴェルティメント-シリーズ1, 1978年当レーベルにて初リリース, シリーズはVol.3くらいまであると思われる, ほとんど初入荷の珍品!

商品詳細:コンソルティウム・クラシクムは1962年CL奏者のディーター・クレッカーによって設立されたドイツの団体。9名までの演奏者によって、管楽器のみの合奏、あるいは管楽器と弦楽器との合奏という編成をとる。団員は全員ソリストか、一流オケの首席奏者や音楽教授である。特に18世紀から19世紀にかけての演奏機会が少ない忘れられた作品の演奏に注力している。あるいはメジャー作品の場合は遺稿や新演奏法に挑む。ベーレンライター新校訂(原典)版で演奏。モーツァルトは木管セレナーデとディヴェルティメントシリーズを出しており、これはそのVol.1にあたる。これら楽曲の専門家達であり演奏は信頼に値する。









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)