[DISCOCORP] J.シゲティ(vn) E.オーマンディ D.ミトロプーロス指揮/モーツァルト:Vn協奏曲5番, ベルク:Vn協奏曲

The Art Of Joseph Szigeti Mozart K.219 Berg Concert for Violin

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込

数量

商品コード: 1097-018t

作品名:モーツァルト:Vn協奏曲5番K.219, ベルク:Vn協奏曲
演奏者:J.シゲティ(vn)E.オーマンディ(モーツァルト)/D.ミトロプーロス(ベルク)指揮o.
プレス国:米国,U.S.A.
レーベル:DISCOCORP
レコード番号:WSA 701
M/S:モノラル,monaural
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : 小さな紙シールあり
レーベルタイプ:青/黒, The Art Of Joseph Szigeti Vol.1, The Bruno Walter society, グルーヴガード薄手, (P)なし, Rights Society:記載なし, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:RE1/RE2(手書き文字スタンパー・DISCOCORPタイプ), DISCOCORP製造を示す*FP**を含む専用マトリクス使用, 補助スタンパーはない, 1970年代スタンパーによる1978年頃製造分, フラット盤存在せず, 後期カップリング(5番K.219)でこれより古いレーベルは存在しないと思われる, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在しないと思われる, ステレオ存在せず, RIAAカーヴである, 放送音源のDISCOCORP製作プレス, LPオリジナル, original
ジャケット:厚紙, The Art Of Joseph Szigeti Vol.1, 背文字:なし, 裏文字:なし(タイトルとモノクロ・ジャケ写真), リブレットが存在していたか不明, ジャケット裏年号:なし, 当社最古年号:不明, (P)(C)なし, 写真:不明, 原画/被写体:Joseph Szigeti とDimitri Mitropoulos, デザイン:DISCOCORP group, ライナーノーツ:なし, 製作:DISCOCORP, 印刷:不明・米国製, オリジナル, original
トピックス:モーツァルトK.219:1943年, ベルク:1945年12月11日・何方もモノラルの放送録音, 1971年発売の紺色厚紙ジャケットはモーツァルト:Vn協奏曲3番K.216とベルク, 1978年頃発売の写真ジャケットはVn協奏曲集/モーツァルト:5番K.219とベルクという同じWSA 701でも発売時期によりカップリング曲が異なる, これは後期の5番K.219が入る盤, ちなみに3番K.216は1951年B.ワルター指揮NBCso., 2曲ともご希望の場合は同一番号で新旧2枚必要になる, 3番K.216は他にジョージ・セル/ニューヨークpo.との1955年12月4日録音も存在, 音質は万全ではないが極めて重要なシゲティの1940年代録音でこの形のLPしかない
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音が多いことを御承知いただきたい

商品詳細: WSA 701には不思議がある。ワルター協会の初期ジャケのモーツァルトはワルターとのK.216(1951)。非常に厚いプレス。ところが白背景のDISCOCORPジャケでは同じ番号なのにオーマンディとのK.219(1943)が入る。ベルク(ミトロプーロス)は1945年の同一内容。理由は不明だがこうなると初期、後期2点必要になる。これはDISCOCORPの後期。この頃のシゲティは、まだシゲティらしさがたっぷり残っている。しかしベルクのVn協奏曲こそ、シゲティのはまり曲。1940年代の録音につき音質は通常のモノラルLPより落ちる。しかしLPはこのような放送音源の1970年代起こしのようなタイプしかなく、貴重と言える。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る