[DECCA] I.ヴェレド(pf) U.シーガル指揮ロンドンpo./モーツァルト:Pf協奏曲21, 23番

Ilana Vered ‎– Ilana Vered Plays Mozart Piano Concertos K.467 K.488

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 4,400 税込

数量

商品コード: 1099-020t

作品名:モーツァルト:Pf協奏曲21番K.467, Pf協奏曲23番K.488
演奏者:I.ヴェレド(pf)U.シーガル指揮ロンドンpo.
プレス国:英国,United Kingdom
レーベル:DECCA
レコード番号:PFS 4340
M/S:ステレオ,stereo
枚数・大きさ:12インチ,30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:B : シワ多い
レーベルタイプ:赤白phase4小レーベル, made in England, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし(P)1975, TAX Code:なし, スタンパー/マトリクス:1K/2K(ストレート小文字スタンパー・DECCAタイプ), DECCAステレオ録音を示すZAL***で始まる専用マトリクス使用, 3時:DC/K, 1970年代のスタンパーによる1975年頃製造分, これより古いphase4大レーベルは存在せず, SXL番号存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, オリジナル, original
ジャケット:表コートペラ, Phase 4 Stereo Concert Series, 背文字:あり(黒色・白背景), 裏文字:あり(英語), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)1975, 写真:不明, 原画/被写体:Ilana Vered, デザイン:DECCA Group, ライナーノーツ:Tim McDonald, 製作:The Decca Record Company Limited , 印刷:Senol Printing Ltd.. London., 折返タイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1975年ロンドンでのステレオ録音, 音響技師:Arthur Lilley, プロデューサー:Tony D'Amato, 録音監督:Tim McDonald, 英国では1975年Phase 4 Stereo Concert Seriesにてコピーライト登録・同年小レーベルで初リリース, 米London:SPC 21138(1975年リリース), I.ヴェレドの録音は他に入荷ない, 演奏:★★★★, 音質:★★★★★
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり

商品詳細: この人のオフィシャル・サイト"http://www.ilanavered.com/"を開くと、トップに"She is a tigress virtuosa, ~"とある。1943年イスラエル生まれで、当然現在も活動中。来日したこともあるらしい。重くて濃い演奏をする人なので、このモーツァルトに「珠」を転がす音を期待してはいけない。オーケストラのメンバーをも倒すボウリングのような「球」が転がってくる。心なしか団員も身構えて演奏しているように思える。聴き終わってかなり疲れるはず。シーガルはラローチャともモーツァルトを録音しているSXLシリーズの指揮者。なぜフェイズ4シリーズなのかは謎である。同時代のSXLシリーズはED4プレス、明らかにPFS小レーベルの方がパワーがあると感じる音質。イラナ・ヴェレドはこの時32歳。アラヴ系の血が若干混じっているのだろうか(写真から)。若い思い切りの良い強いタッチは女流奏者の中では珍しい。優しいモーツァルトにはあまり興味がないようだ。それでも緩徐楽章ではデリケートな音を出す。はっきりした楷書体のきりりとしたスリリングなモーツァルト。シーガルもかなり攻撃的なオケを彼女に仕掛けるので協奏曲の醍醐味が楽しめる。ヘブラーなどが甘ったるく感じられる方にお勧め。





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)
▲トップへ戻る