[His Master's Voice] C.シルヴェストリ指揮ウィーンpo./ショスタコーヴィチ:交響曲5番

Shostakovitch, Constantin Silvestri, Vienna Philharmonic Orchestra ‎– Symphony No. 5

通常価格:¥ 55,000 税込

¥ 55,000 税込      

数量


商品コード: 1108-041

作品名:ショスタコーヴィチ:交響曲5番Op.47
演奏者:C.シルヴェストリ指揮ウィーンpo.
プレス国:英国, United Kingdom
レーベル:His Master's Voice
レコード番号:ASD 455
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : 右上角に極小さな汚れあり
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特にキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり・無音ヘアラインある場合あり
レーベルタイプ:赤白SCニッパー, Made in England, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, TAX Code:なし, スタンパー/マトリクス:5/3(ラウンド小文字スタンパー・HMVタイプ), EMI系ウィーンでのステレオ録音を示す2YVH***の専用マトリクス使用, 1960年代スタンパーによる1965年頃製造分, 白/金輪ニッパーレーベル存在する番号(未入荷), 1962年頃白/金輪ニッパーにて初リリース, これより古いステレオレーベルは存在する, 最古レーベルではない・最厚プレスではない, 更に古いマトリクスが存在すると思われる, モノラル存在する(ALP 1886), RIAAカーヴである, EMI系音源のHis Master's Voice製作プレス, 英国ステレオ第2版, 2nd issue for stereo in UK
ジャケット:三方折返表コート, 大stereoロゴ, 背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り), 裏文字:あり(英語), (P)なし(C)1962, 写真:不明, 原画/被写体:ショスタコーヴィチの写真とタイポグラフィー, デザイン:HMV Group, ライナーノーツ:Malcolm Rayment, 製作:Electric & Musical Industries Ltd., 印刷:Garrod & Lofthouse Ltd., これより古いタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1962年ウィーンでのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 英国では1962年His Master's Voiceでコピーライト登録・同年白/金輪ニッパーレーベルで初リリース, これは1965年頃製造の盤がオリジナルジャケットに入るケース, 何方も当社初入荷で超希少, 白/金輪ニッパーレーベルは相当に高額(英国で600ポンドで売っている業者あり)となると思われる, モノラルはALP 1886, 米国ではAngel Records: 35760/S 35760, ウィーンpoとは最初にドヴォルザーク7番がありどちらも決定的な名盤と言える, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★★, 初入荷の超希少盤1

商品詳細:コンスタンティン・シルヴェストリ(Constantin Silvestri/1913~1969)はルーマニアが生んだ奇才。早くから西側へ出て活躍した。1967年英国に帰化した。EMI系列に多くの名演を残した有名な指揮者である。シュスタコーヴィチはシルヴェストリが最初に取り組んだ録音。他にドヴォルザークの7番、プロコフィエフの《3つのオレンジへの恋》組曲、ハチャトゥリアンの《ガイーヌ》第1組曲、ラヴェルのスペイン狂詩曲、リムスキー=コルサコフのスペイン奇想曲、エネスクのルーマニア狂詩曲第1番、リストのハンガリー狂詩曲第4番、と多彩で、オケの特質に似合わない曲を録音し、リズムが冴え渡りすこぶる軽妙。パリ音楽院管弦楽団と録音したベルリオーズ「幻想交響曲」、ウィーンpo.との初録音のドボルザーク:交響曲第7番は、どちらも名盤と言える。


【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)