[RCA] R.デルノイェ(fl) G.デッカー(cemb/org) M.v.スターレン(vc)/バッハ:Flソナタ(7曲)

Bach, Raymond Delnoye, Gerard Dekker, Marien Van Staalen ‎– 6 Fluitsonates En Partita Voor Fluitsolo

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込

数量


商品コード: 1118-003t

作品名:バッハ:Flソナタ(7曲)/FlとCembのためのソナタ1番B.1030, 同2番B.1031, 同3番B.1032, Flと通奏低音のためのソナタ1番B.1033, 同2番B.1034, 同3番B.1035, 無伴奏FlのためのパルティータB.1013
演奏者:R.デルノイェ(fl)G.デッカー(cemb/org)M.v.スターレン(vc)
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:RCA
レコード番号:RL70436
M/S:デジタル・ステレオ, digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×2, Wジャケット2枚組, 2 single records
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : DMM丸シール付き
キズ情報:
レーベルタイプ:赤RedSeal, 外周15cmの盛上り, Made by Teldec GmbH Hambug Germany, グルーヴガード厚, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:A/B/C/D(ラウンド小文字スタンパー・TELEFUNKENタイプ), RCA録音のA-C-RL***で始まるレコード番号を含む専用マトリクス使用, 米国RCAとは異なる欧州タイプ, 補助マトリクス(手書き):AbⅠ/AbⅡ/AbⅠ/AbⅡ, 1980年代のスタンパーを使った1984年頃の製造分, フラット盤は存在せず, これより古いレーベルは存在せず, 最古レーベル・最厚プレス, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, 独RCA音源の独RCA制作TELEFNKENプレス, 製造:Harlekijn Hoaaland, オリジナル, original
ジャケット:見開両面ツヤW, RedSeal DIGITAL, LC 0316, 裏文字:あり(黒色・白背景), 裏文字:あり(蘭語タイトルとRaymond Delnoyeのカラー写真), (P)なし(C)1984, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷の最古裏年号:不明(記載ないが当ジャケットであると思われる), 写真:Harm Kuiper, 原画/被写体:Harm Kuiperによるフルートの楽器写真とタイポグラフィー, デザイン:Brodus Bunder / Rob van Niddendorp, ライナーノーツ:Alex van Amerongen, 製作:RCA Red Seal , 印刷:不明・ドイツ製, オリジナル, original
トピックス:1984年1月2-4日オランダ・ロッテルダムOverschie・Petrus Banden kerk(教会)・でのデジタル録音, 録音技師:trans Tec. Rotterdamの技師, プロデューサー:trans Tec. Rotterdamの幹部, Petroleum財団協賛によるオランダでの企画, プレスはドイツRCAだが記載言語はオランダ語のみでオランダ語圏だけの発売と思われる, 1984年オランダRCA B.V.によりコピーライト登録・同年当装丁にて初リリース, デジタル録音だが非常に音質良い, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★, 大推薦!!RCAだがローカル発売の大珍品!

商品詳細:1984年オランダ・ロッテルダムのPetrus Banden(kerk)教会でのデジタル録音。プレスなどはドイツRCAに委託した様だがジャケットに書かれた全ての言語はオランダ語(ダッチ)でドイツ向けではない。おそらくオランダのみで発売された可能性が高い。フルート奏者のレイモンド・デルノェ(Raymond Delnoye)は1940年オランダ・ハールレンの生まれ。他の二人もオランダ人音楽家である。デルノェは25歳でロッテルダムpo.の首席フルート奏者として活動。デルノェが使う楽器についての解説はないが通常の金属生のフルートのようだ。しかし彼の出す音は木質系の音がする。デジタルだがエコー分は少なくダイレクトな楽器の音がクリアーに楽しめる。曲によりオルガンとチェンバロを使い分ける。またチェロが通奏低音を担当し今までのソナタ集より通奏低音の音がしっかり出ていて新鮮な印象を受ける。悪くない演奏である。当社初入荷の大珍品である。

デルノイェの在庫一覧へ







・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)