商品コード: 1136-018

[TELEFUNKEN] N.アーノンクール指揮コンセルトヘボウo./モーツァルト:交響曲38番K.504「プラハ」

[ 1136-018 ] Mozart - Nikolaus Harnoncourt, Royal Concertgebouw Orchestra ‎Symphony No. 38 "Prager"

通常価格:¥ 1,980 税込

¥ 1,980 税込      

数量

商品コード: 1136-018

作品名:モーツァルト:交響曲38番K.504「プラハ」
演奏者:N.アーノンクール指揮コンセルトヘボウo.
プレス国:ドイツ, Germany
レーベル:TELEFUNKEN
レコード番号:6 42805
M/S:デジタル・ステレオ, digital・stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A
キズ情報:水洗い洗浄済・water cleaned(静電対策付与・Anti-static measure), 特に音に出るキズはないが古いプレスに付き多少のサーフェース音あり, 無音ヘアラインある場合あり, 1950-60年代初期までのプレスにはそれ以降のプレスよりサーフェース音や散発性ノイズが多いことを御承知いただきたい・また音に出ない難については特別表記はしていません(する場合もあり)
レーベルタイプ:銀紫水色帯, DIGITAL, DMM, 外周1.5cmの低い盛上りあり, LC 0366, 3時にTELDEC Germany, グルーヴガード厚, Rights Society:Contr.Copyr., Price Code:なし, (P)1982, マトリクス/スタンパー:A C-6.42 805-01-1/A C-6.42 805-01-2(ラウンド小文字スタンパー・TELEFUNKEN新タイプ), レーベルや国籍を示す専用マトリクスを使用せず, 1970年代以降のTELEFUNKEN製造を示すA C-***で始まるレコード番号を含む専用マトリクス使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 1980年代のスタンパーによる1982年頃製造分, 黒/金レーベル存在せず, 青/黒レーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在せず, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, TELEFUNKEN音源のTELEFUNKEN製作プレス, オリジナル, original
ジャケット:両面クロス紙ペラ, DIGITAL, LC 0366, メーカーのDMM丸シール付き, Price Code: AZ, 背文字:あり(黒色・クリーム背景・上青), 裏文字:あり(独/英/仏語解説と独語タイトル), ジャケ裏年号:なし, (P)(C)1982, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在する年号:不明(年号記載ないがドイツでは当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:E. BremanによるイラストPerspektivische Zeichnung von Grossen Saal des ConcertgebouwとA.L. von Gendtによるタイポグラフィー, デザイン:A.L. von Gendt, ライナーノーツ: Uwe Kraemer., 製作:TELDEC »Telefunken-Decca« Schallplatten GmbH, 印刷:不明・ドイツ製, 表面ザラザラの初回分, これより古いタイプ存在せず, オリジナル, original
トピックス:1981年9月・オランダ・アムステルダムにてデジタル録音, 録音技師:Martin FouqueとMichael Brammann, プロデューサー:不明, 1982年TELDEC »Telefunken-Decca« Schallplatten GmbHによりコピーライト登録・同年当番号・当装丁にて初リリース, アーノンクールのモーツァルト:交響曲シリーズ第2弾(第1弾は34/35番で1981年リリース), ピリオド奏法の騎手アーノンクールがついにモーツァルトを録音して話題となった1枚, 特に38番は通常LPに片面に入れる長さだが1枚で1曲使った特別なプレス!

商品詳細:1929年独ベルリンに生まれたアーノンクールの業績は大きい。1953年アリス夫人と共に「ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス」を創設し、'50年代後半から古楽器演奏の先駆者として活動。'60年代からは指揮者としても活動を始め、1970年代に入りモーツァルト他ロマン派の曲も手掛け注目を集めた。モーツァルト:交響曲は'81~4年で全てコンセルトヘボウo.と29番以降を録音。シニアのアナログ派には少々奇異に映るが、聴いてみるとこれはこれで面白い。今ではこれが当たり前になった。

アーノンクールの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】







SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)