[CAPITOL] L.ストコフスキー指揮レオポルド・ストコフスキーso. / ストコフスキーの芸術/バッハ, ドビュッシー, J.シュトラウス, シベリウス

Leopold Stokowski Conducting His Symphony Orchestra – Landmarks Of A Distinguished Career

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 6,600 税込      

数量


商品コード: 1167-042

作品名:バッハ:トッカータとフーガニ短調B.565, ドビュッシー:月の光, J.シュトラウス2世:美しき青きドナウ, シベリウス:トゥオネラの白鳥, ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲, シベリウス:フィンランディアOp.26
演奏者:L.ストコフスキー指揮レオポルド・ストコフスキーso.
プレス国:米国, U.S.A
レーベル:CAPITOL
レコード番号:SP 8399
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:黒虹輪FDS, 7時にMade by Capitol Records, Inc U.S.A., Full Dimensional Sound, グルーヴガード厚手, 表記されたレコード番号:SP-8399, Price Code:なし, Rights Society:記載なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:SP1-8399-D4/SP2-8399-D17 (ラウンド大文字スタンパー・米CAPITOLタイプ), 米CAPITOL録音ステレオ製造を示すSP***で始まりレコード番号を含む米国型米国専用マトリクス使用, 補助マトリクス:両面にAnvil-type symbol ⌂ (Scranton工場を示す), 再補助マトリクス:&/&, ラウンドCAPITOL本体他で米国プレス, 1950年代のスタンパーを用いた1961年頃の製造分, 旧番号存在せず, フラット盤は存在せず, 濃緑太金輪/金FDSレーベル存在する, これより古いステレオレーベル存在する, ステレオ最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する, モノラル存在する(P 8399), RIAAカーヴである, 米CAPITOL音源の米CAPITOL制作プレス, 工場:Capitol Records Pressing Plant, Scranton-Pennsylvania, 米国でのステレオ・第2版, 2nd issue for stereo in U.S.A.
ジャケット:厚紙表コート, The Full Spectrum of Sound, Made in U.S.A., 表記されたジャケット番号:SP 8399, Price Code:なし, 背文字:あり(黒色・白背景), ジャケ裏文字:あり(英語解説と英語タイトル), (P)(C)なし, ジャケ裏年号:なし, 当社入荷履歴の最古裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが米国では当ジャケットである), 写真撮影者:不明, 原画/被写体:Leopold Stokowskiのカラー写真とタイポグラフィー, デザイン:CAPITOL Group, ライナーノーツ:筆者名の記載なし, 製作:The Capitol Records, Inc, 印刷:Factries Scranton. PA-Los Angels. Calif., CAPITOLの米国でのステレオ・オリジナル, original for stereo in U.S.A..
トピックス:1957年2月5・8・15日ニューヨークでのモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1958年The Capitol Records, Inc.によりコピーライト登録・同年米CAPITOL:P 8399/SP 8399(濃緑太金輪/金FDSレーベル)にて初リリース, これは1961年頃製造の盤が1958年頃製造のオリジナルジャケットに入るケースで初期盤である, タイトルの「Landmarks Of A Distinguished Career」は「著名なキャリアの探検家」という意味, レオポルド・ストコフスキー交響楽団は彼の交響楽団と同じでニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の変名である可能性が指摘されている

商品詳細:アルバムタイトルの Landmarks Of A Distinguished Careerは直訳すると「著名なキャリアの探検家」。日本語的には「ストコフスキーの芸術」で良いと思う。1958年頃のCAPITOLでのモノラル/ステレオ録音。20世紀における個性的な指揮者の一人で、「音の魔術師」の異名を持つ。イギリスのロンドンに生まれ、主にアメリカで活動した。晩年英国に戻りDECCAと契約したが70歳を超えていた。これはSP期から続く彼のオーケストラであるレオポルド・ストコフスキーso.を振ってCAPITOLヘ録音した管弦楽編曲集で原曲はオルガンやピアノのものが多い。特に高音質を謳ったLPになっている。このオーケストラの実態は不明だがニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の変名である可能性が指摘されている。

ストコフスキーの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)