[MELODIYA] G.ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト放送so. / プロコフィエフ:交響曲6番Op.111

Gennadi Rozhdestvensky, Prokofiev – Symphony No. 6 Op.111

通常価格:¥ 6,600 税込

¥ 5,280 税込      【20%オフ】

数量


商品コード: 1208-061n

作品名:プロコフィエフ:交響曲6番Op.111
演奏者:G.ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト放送so.
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S 01253
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A : 軽度の書き込みあり
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連でのステレオ・オリジナル世代】---紺/銀DL(ダブルレター), △33 CTEPEO, グルーブガード厚手, ГОСТ 5289-なし, TУ-35 XП 558-63, Repertoire group:Вторая.гр-1., .Price Code:2-00, Год выпуска(発行年):なし, スタンパー/マトリクス:33C01253 3-2/33C01254 3-2 (ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ), 露語表記・国内仕様, 1960年代スタンパーによる1966年頃製造分, これはDLレーベルの最初期分, 旧ソ連でのステレオ最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, モノラル存在する, RIAAカーヴである, MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス, モスクワ・アプレレフカ「Aprelevsky」アプリラフスキー工場製作, ステレオ・オリジナル世代, original generation
ジャケット:【旧ソ連でのステレオ・オリジナル世代】---折返紙ペラ(モスクワ・オールユニオン), Made in USSR, 表記されたジャケット番号:C 01253-54, Price Code:G, 背文字:なし, (P)(C)なし, ジャケ裏年号:APT. なし Зак.なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないが当ジャケットである), 露/英語表記の国内/輸出共用仕様, 製作/印刷:Апрелевский Завод Грампластинок, オリジナル世代と思われる, original generation
トピックス:【DLレーベル・オリジナルは当社初入荷の希少盤】---1964年頃モスクワでのモノラル/ステレオ録音, 録音技師: Igor Veprintsev, プロデューサー:不明, 1966年MELODIYA:D 017819/S 01253(当装丁世代)にて初リリース, ロジェストヴェンスキーはソビエト放送so.(モスクワ放送so)と1962-8年の全集録音を行った, これは1966年発売のステレオ・オリジナル世代である, DLレーベル・オリジナル世代は当社初入荷の希少盤, 西側でも発売された・英国では1970年His Master's Voice:ASD 2639/ドイツでは1970年ELECTROLA:1E 063-91853/ETERNA:826 169など, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★+

商品詳細:ロジェストヴェンスキーが本国で最初のステレオによる交響曲全集を録音したことは知られている。彼が手掛けた全集の中で、プロコフィエフが早い順番になったのも頷ける。'62~'68年の全集以前に、3/4番の2曲のみ単独録音があった。ソビエト国立放送so.ではなく、ソビエト国立o.との旧録音もある。モノラル期のロジェストヴェンスキーは、ムラヴィンスキーばりの爆演タイプだったが、このステレオ期に入ると落ち着き払った演奏。とはいえ彼の本領がよく出たアクの強さもタップリ。全集録音という点では画期的な録音であり、これを超えるプロコフィエフ録音は多くない。

ロジェストヴェンスキーの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)