[MELODIYA] G.ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立放送so. / プロコフィエフ:交響曲2番Op.40

Prokofjew - Großes Sinfonieorchester Des Rundfunks Der UdSSR, Gennadi Roshdestwenski

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 2,640 税込      【20%オフ】

数量


商品コード: 1213-055n

作品名:プロコフィエフ:交響曲2番Op.40
演奏者:G.ロジェストヴェンスキー指揮ソビエト国立放送so.
プレス国:旧ソ連, Russia
レーベル:MELODIYA
レコード番号:S 0337
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7
評価/ジャケット:A : 軽度のシワあり
キズ情報:
レーベルタイプ:【旧ソ連での第2版世代】---紺/DL(ダブルルレター),STEPEO ○○33,Mede in USSR,グルーヴガード厚,ГОСТ 5289-なし,TУ-Φ-16,Repertoire group:Вторая гр.,Price Code:なし,Год выпуска(発行年):なし,スタンパー/マトリクス:33C0337 3-1/33C0338 3-2 (ラウンド小文字スタンパー・MELODIYA通常タイプ),露/英語表記・国内/輸出共用仕様,1960年代のスタンパーによる1968年頃製造分,プレ・ステレオ・レーベル存在する,DL(ダブルレター)も存在する,最古レーベル・最厚プレス世代ではない,モノラル存在する,RIAAカーヴである,MELODIYA音源のMELODIYA製作プレス,エクスポート・メロディア工場製作,第2版世代,2nd issue generation
ジャケット:【旧ソ連での再版世代】---折返紙ペラ, Mede in USSR, 表記されたジャケット番号:33C 0337-8, Price Code:なし, 露/英語表記・国内輸出共用仕様, 背文字:あり(黒色・白背景・上下絞り), ジャケット裏年号:Apt. 36-8, Зак.Цена 2 руб. 45 коп., (P)(C)なし, 製作/印刷:EXPORT MELODYA Made in USSR Records Firm, 再版世代(ほとんど第2版と思われる), re issue (2nd issue) generation
トピックス:1962年頃のモノラル/ステレオ録音, 録音詳細不明, 1962年頃MELODIYA:D 010341/S 0337(プレ・メロディア/プレ・ステレオレーベル)にて初リリース, これは1968年頃製造のSL(シングルレター)レーベル再版が同じ頃製造のジャケットに入るケースで初期盤, MELODOYAは音質劣化の小さいレーベルである, またプレ・ステレオレーベルは西側ステレオ・オーディオファイルLPとは根本的な音質が異なる, ロジェストヴェンスキーのプロコフィエフ:交響曲全集は1962-7年に録音された・これはMELODOYAで最初のモノラル/ステレオによる交響曲全集となった, 1973年頃ETERNA:826 170でも発売された

商品詳細:ロジェストヴェンスキーが本国で最初のステレオによるプロコフィエフの交響曲全集を録音したことは知られている。ロジェストヴェンスキーは全集をかなり録音しているが、彼が手掛けた全集の中でプロコフィエフが順番として早い時期になったのは頷ける。実は'62~'68年の全集以前に3/4番の2曲のみソビエト国立放送so.ではなく、ソビエト国立o.との旧録音がある。モノラル期のロジェストヴェンスキーは、ムラヴィンスキーばりの爆演タイプだったが、このステレオ期に入ると落ち着き払った演奏。いずれもバラ6枚が初出の形。西側にはマルティノンもあるが、いかにマルティノンでもロシア勢には敵わない。日本人には馴染みの薄い曲ではあるが、ショスタコ等も注目されている昨今である。軽快にしてロシア的リズムの大波にさらわれる気分。

ロジェストヴェンスキーの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)