[PHILIPS] I.ヘブラー(hf) E.メルクス指揮ウィーン・カペラ・アカデミカ / J.C.バッハ:Pf協奏曲Op.7-6, Pf協奏曲Op.13-1, Op.13-3, Op.13-6

J. C. Bach ; Ingrid Haebler At The Fortepiano, Capella Academica Wien, Eduard Melkus

通常価格:¥ 3,300 税込

¥ 3,300 税込      

数量


商品コード: 1217-030tb

作品名:J.C.バッハ:Pf協奏曲Op.7-6, Pf協奏曲Op.13-1 | Pf協奏曲Op.13-3, Pf協奏曲Op.13-6
演奏者:I.ヘブラー(hf)E.メルクス指揮ウィーン・カペラ・アカデミカ
プレス国:オランダ, Holland
レーベル:PHILIPS
レコード番号:6500 041
M/S:ステレオ, stereo
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:8/7 : A面に紙シール付き
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【オランダでのオリジナル】---赤/銀3本線土手, STEREO 33 1/3 ○○, 国名なし, グルーヴガード, (P)1970(刻印のみ), Rights Society:Copyright Control, Price Code:なし, スタンパー/マトリクス:AA 6500 041 1Y 2 Ⓟ1970 670/AA 6500 041 2Y 1 Ⓟ1970 670 (ラウンド小文字スタンパー・PHILIPSタイプ), PHILIPS録音のステレオ製造を示すAA***で始まりレコード番号を含むオランダ型専用マトリクス使用, 補助マトリクス:14/111, 再補助マトリクス:3/ 4, 670は工場とともにカッティングマスターがPhonodisc B.V.による事を示す, 示す, 1970年代のスタンパーによる1970年頃製造分, 旧番号存在せず, Hi-Fi Stereoレーベル存在せず, アズキ/銀3本線レーベル存在せず, これより古いレーベル存在せず, 最古レーベル・最厚プレスである, モノラル存在せず, RIAAカーヴである, 独語表記・独語圏流通分, PHILIPS音源のPHILIPS製作プレス, 工場:Phonogram International B.V.PRS Baarn, オリジナル, original
ジャケット:【フランスでのオリジナル】---フランス製三方開両面厚紙背黒疑似皮貼, Collection Trésors Classiques Super Artistique-Stéréo, 表記されたジャケット番号:6500 041, Price Code:Ⓧ, レコードホルダーにPHILIPS型押ロゴ付・蓋なし(蓋付き存在せず), 背文字:あり(金色型押・黒疑似皮背景), ジャケット裏年号:なし, (P)(C)なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットであると思われる), 製作:Société Phonographique Française Polydor S.A., 印刷:Imprimerié S.P.P. Paris, フランスには旧番号が存在しないと思われる, フランスでこれより古いタイプ存在しないと思われる, フランスでのオリジナルと思われる, original in Fr.
トピックス:全て1969年11月ウィーンでのステレオ録音, 録音詳細不明, オランダでは1970年Philips Phonografische Industrie B.V.によりコピーライト登録・同年PHILIPS:6500 041(赤/銀3本線土手レーベル)にて初リリース, 英国では同1970年英PHILIPS:6500 041(当装丁)にて初リリース, これは英国でのオリジナルで英国盤がオランダ製ジャケツトに入るケースでよくある組み合わせ, 6500 041/6500 846/6500 847を含むの計5枚(残2枚は番号不明)で全て揃うがなかなか入荷はない, 1969~77年に全18曲を録音した, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:ヘブラーは1970年代にフォルテ・ピアノを使って数枚のJ.C.バッハ作品をソロ録音。これは協奏曲版。基本的にソロ録音と同じスタンス。優雅にフォルテ・ピアノの音色を響かせるヘブラーは何時聴いても素晴らしい個性だ。協奏曲といっても小ぶりの室内o.との共演で、ヘブラーがまさに主役。彼女の楽器の音が何より宝、HMや他レーベルは楽器中心になりがちだが、ヘブラーの場合は楽器より、その表現の豊かさと優美さにある。バッハ、モーツァルトに通じる傑作!ヘブラーはメルクス/カペラ・アカデミカ・ウィーンとかなりの数のJ.C.バッハ:クラヴィーア協奏曲集を録音している。その全貌はOp.1が全6曲・1977年11月録音、Op.7が全6曲・1977年11月/1972年10月/1969年11月(6番のみ)、Op.13が全6曲・1969年11月/1973年10月録音。全てフォルテピアノを使っての録音。

ヘブラーの在庫一覧へ









・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)