商品コード: 1234-049

[CRITERE] R.ドゥアット指揮パリ・コレギウム・ムジクム, P.ピエルロ J.シャンボン(ob) 他 / ヘンデル:合奏協奏曲Op.3-3, 4a, 6, テレマン:食卓の音楽 第2集~SQニ短調

[ 1234-049 ] Haendel / Telemann - Collegium Musicum De Paris Dirigé Par Roland Douatte

通常価格:¥ 4,400 税込

¥ 2,640 税込       40%オフ

数量

商品コード: 1234-049

作品名:ヘンデル:合奏協奏曲Op.3~第3番ト長調 HWV 314, ~第4番ヘ長調 HWV 315 | 合奏協奏曲Op.3~第6番ニ長調 HWV 317, テレマン:食卓の音楽 第2集~四重奏曲 ニ短調
演奏者:R.ドゥアット指揮パリ・コレギウム・ムジクム, P.ピエルロ/J.シャンボン(ob)P.オンニュ(fg)L.ブーレイ(cemb)A.マリオン(fl), 他
プレス国:フランス, France
レーベル:CRITERE
レコード番号:CRD 194
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでのモノラル・オリジナル】---黒/銀, 6時にMade in France, グルーヴガード厚手, Rights Society:DP, Price Code:なし, (P)なし, スタンパー/マトリクス:CRI CRD 194 LPL 10218 D1 380/CRI CRD 194 LPL 10219 DN 380 (ラウンド小文字スタンパー・仏PHILIPSタイプ), CRITERE音源モノラル製造を示すCRI CRD ***で始まりレコード番号を含むPHILIPS型専用マトリクス使用, Pathéプレスではなく仏PHILIPプレス, 補助マトリクス:A3/A, 380は編集/カッティングマスターがC.I.D.I.S. Louviersで行われたことを示す, 1960年代のスタンパーを使った1965年頃の製造分, フラット盤/厚手盤は存在せず, フランスでこれより古いレーベルは存在せず, フランスでのモノラル最古レーベル・最厚プレスである, 更に古いマトリクス存在するか不明, ステレオ存在する, RIAAカーヴである, CRITERE音源のCRITERE製作仏PHILIPSプレス, 工場:Société Phonographique Philips, フランスでのモノラル・オリジナル, original for mono in Fr.
ジャケット:【フランスでのモノラル・オリジナル】---三方開両面厚紙背赤布貼, Distribution S. P. PHILIPS, レコードホルダーに蓋付き(初期タイプ・刻印はない), 表記されたジャケット番号:CRD 194, Price Code:なし, 背文字:あり(金色型押・赤布背景), (P)(C)なし, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古裏年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスのモノラルでは当ジャケットである), 製作:Critère/Productions Roland Douatte, 印刷:Imprimeries Compagnonnage. Paris , フランスでこれより古いタイプ存在せず, フランスでのモノラル・オリジナル, original for mono in Fr.
トピックス:ヘンデル:1965年6月28/29日/10月18-20日パリ・マロナイト教会(l'église Maronite.)にてモノラル/ステレオ録音, 録音技師:Hans Lauterslager , テレマン:1965年2月12/13日パリ・マロナイト教会( à l'église Maronite.)にてモノラル/ステレオ録音, 録音技師:Daniel Madelaine, 何方もプロデューサー: Roland Douatte, 1965年Critère/Productions Roland Douatteによりコピーライト登録・同年CRITERE:CRD 193-4/SCRD 5193-4でモノラル/ステレオでヘンデルOp.3の全6曲が録音された, これはシリーズVol.2のモノラル・オリジナル, Hans Hartungによる抽象画がデザインされている, 演奏:★★★★+, 音質:★★★★+

商品詳細:ヘンデルのOp.3はまともな全曲録音が少ない。作品6のような完成度の高さがなく、演奏によって作品を仕立て上げる要素が大きいからである。ヴェンツィンガーでさえ物足りないところがある。輝かしい曲ではあるが、実はその裏にある「悲哀」 - これはヘンデルを語る上で重要である - を感じさせる演奏でなければならない。このパリ・コレギウム・ムジクムはその点では問題ない、と言うよりヘンデルの本質に触れている。それもさり気なく・・・。これは古楽器では表現できない。CRD 193-4/SCRD 5193-4の2枚連番でヘンデルのOp.3の全6曲が録音された。CRITEREは指揮者であるRoland Douatteが監修する高音質レーベルでS.P.PHILIPSの略である Société Phonographique Française Polydor S.Aがプレス製造することが決まっている。

ドゥアットの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】







SACD特設ページ





・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)