[DECCA] C.シャイエ・リシェ(pf) G.エネスク指揮パリ演奏家協会室内o. / バッハ:Pf協奏曲全集-1/1番B.1052, 5番B.1056

Bach - Georges Enesco, Association Des Concerts De Chambre De Paris

通常価格:¥ 16,500 税込

¥ 16,500 税込      

数量


商品コード: 1238-012

作品名:バッハ:Pf協奏曲全集-1/Pf協奏曲1番B.1052 | Pf協奏曲5番B.1056
演奏者:C.シャイエ・リシェ(pf)G.エネスク指揮パリ演奏家協会室内o.
プレス国:フランス, France
レーベル:DECCA
レコード番号:FAT 173053
M/S:モノラル, monaural
枚数・大きさ:12インチ, 30cm×1
評価/レコード:7
評価/ジャケット:A
キズ情報:
レーベルタイプ:【フランスでの第2版】---橙/金小ロゴ, 12時にMade in France Par la Société Française du Son, グルーヴガード厚手, 表記されたレコード番号:FAT 173053, Price Code:Ⓐ, Rights Society:BIEM, (P)なし, スタンパー/マトリクス:P33 1556 D2/P33 1557 D2(ストレート小文字スタンパー・仏DECCAタイプ), 仏DECCA音源モノラル製造を示すP33***で始まりレコード番号を含まない専用スタンパー使用, 補助マトリクス:なし, 再補助マトリクス:なし, 1950年代のスタンパーによる1960年頃製造分, ツヤあり大ロゴレーベル・フラット盤存在する, 旧番号存在する, これより古い仏レーベル存在する, フランスでの最古レーベル・最厚プレスではない, 更に古いマトリクス存在する(ラウンド中文字でD2が付かない), ステレオ存在せず, RIAAカーヴである(フラット盤はそうではない), 仏DECCA音源の仏DECCA製作仏DECCAプレス, 工場:Studios De La Société Française du Son, , フランスでの第2版, 2nd issue in Fr.
ジャケット:【フランスでの第2版】---折返表半ツヤペラ, Hommage A J.-S. Bach ①, 表記されたジャケット番号:173.053, Price Code:なし, 背文字:なし(初期の証拠), (P)(C)なし, 仏語表記のフランス語圏仕様, ジャケット裏年号:なし, 当社入荷履歴上で最古の年号/存在が確認された年号:不明(年号記載ないがフランスでは当ジャケットではない・同一デザインだが細部が異なる), 製作:Disques Decca, 印刷:記載なし・フランス製, 同一デザインだがDECCAのロゴが文字のみの旧タイプあり・そこには①はなく折返両面紙タイプ(旧番号), これより古いタイプ存在する, フランスでの第2版, 2nd issue in Fr.
トピックス:1950年代としか年代は不明, パリでのモノラル録音, Hommage A J.-S. Bach・シリーズ-1, 録音詳細不明, Hommage A J.-S. Bach・シリーズは全7枚でこれはそのVol.1にあたる, 1957年前後仏DECCA:FAT 133053(橙/金外溝レーベル・フラット盤・折返両面紙タイプジャッケット入り)にて初リリース, 初年度リリース分には ①の記載はない→1960年頃FAT 173053(当装丁)に番号変更され再リリース, この再リリース分からジャケットにはFATが付かずDECCAロゴは箱型になる, フランスDECCAのみの発売で英国/ドイツDECCAからは未発売, シリーズはVol.1:173 053/Vol.2:173 068/Vol.3:197 094/Vol.4:197 050/Vol.5:197 097/Vol.6:197 119/Vol.7:197 530・シリーズ番外で4Pf協奏曲B.1065とイタリア協奏曲収録の143 538(10"が存在する), 状態の良い最初期プレスは非常に少ない, 1953年頃製造の完全な初出盤に盤質7を求めても難しい, 演奏:★★★★★, 音質:★★★★

商品詳細:全部で7枚程出ているこのシリーズの中のVol.1。曲は、バッハの1台用Pf協奏曲の1番であるB.1052と5番であるB.1056の2曲を収録。エネスクは指揮だけでピアノには参加していない。ピアノはソナタなどでも共演の多い、セリーヌ・シャイエ・リシェ、この密度の高い空気を醸成している。エネスクの精神がソリストとオケに乗り移ったかのような空気を醸成する。ソリストとオケは技巧的に特別優れた物を持っているわけでもないが、しいて言えばエネスクの心を感受する能力に優れているらしい。まるで霊媒師のようにエネスクになり替わってピアノで彼の精神を表現しているとしか思えない。ここに参加した全員がエネスクの心を共有して完全に一つにまとまった音がこの音楽の本質だろう。エネスクは自らピアノに向かわずとも自身で弾いたと同様の影響を行使できている。半霧の中にいるような独特の雰囲気の中に取り込まれてしまう。まるで、異次元に迷い込んでしまったように時が止まり、白日夢を見たような錯覚に陥る。これがエネスクのバッハである。全7枚揃えることは大変だが単なるコレクション以上の何かがあるような気がする。それはエネスクが弾いたバッハ:無伴奏Vnソナタ・パルティータも同じ世界なのだろう。フランスDECCAのみの発売。

エネスクの在庫一覧へ




【特設ページへ移動】










・公式ブログ(下の画像をクリック!)


・公式Facebook(下の画像をクリック!)